ジェットスキー>ジェットスキーの混合燃料の使用方法

混合したガソリン燃料は変質してしまいます。(生ものです)

冬場で2ヶ月、夏場で1ヶ月以上経過したものは使わない方が良いですね。

オイル分とガソリンが分離しますし、気温の変化により保存タンク内で気化
したガソリンが膨張収縮を繰り返し、空気中の水分を取り込んでしまいます。

その結果ガソリン内に水分が入り込んでいきます。

こうなったものは白濁していることが多いですので見てすぐに分かります。

こういった古い変質した混合燃料を使用しますと、始動不良や回転
不良等の故障の原因になるばかりか、最悪の場合にはエンジンが焼
き付く可能性があります。

多くの機械で混合比が設定されていますが、25:1と50:1が
比較的多いです。

最近は50:1を使う機械が増えてきています。

(50:1はエンジン内部やマフラーの汚れが少ない、排気ガスが
綺麗、等々良いことが多いです)

今では、100:1なんて混合比のオイルもあります。

ただしそれぞれに専用のオイルがありますので、間違っても25:1用
のオイルで50:1を作らないようにしましょう。

混合が薄い場合はすぐにエンジンの焼き付きということになります。

逆に濃い場合はタールが多く出たり、マフラーが詰まりやすくなります。

混合比が適当なのはけっこう危険です、きちんと量りましょう。

ジェットスキー

トップページ
●始めるにあたって何が必要なの?
●最適な車を選ぶコツ
●運搬方法は?
●どこで買うといいの?
●一人乗りを楽しむコツ
●二人乗りを楽しむコツ
●三人乗りを楽しむコツ
●海で乗る楽しさとコツ
●川で乗る楽しさとコツ
●湖で乗る楽しさとコツ
●レースを見に行く方法
●波をかっこよく飛ぶコツ
●片付けをスムーズにするコツ
●エンジン今昔・・・。
●ツーリングって何・・・?
●免許を取る方法
●混合燃料の使用方法
●バッテリー選びのコツ
●新しいゲレンデを発見する秘密の方法
●海上保安庁に止められた
●検挙され海上保安庁に出頭した
●検挙され海上保安庁の取調べを受ける
●海上保安庁に検挙され判決が下る
●ライフジャケットを着ないとこんな事に・・・。
●ウエットスーツの意外な効果!?
●ガス欠を回避する方法
●塩害を防ぐ究極の方法
●本栖湖で乗れたって本当なの?
●トレーラーの規格とは?
●世間の風当たりは・・・?
●必要な工具等用品等は?
●河口湖で乗る方法
●山中湖は乗れるの?
●江戸川との相性は?
●霞ヶ浦のど真ん中で迷子に!?
●霞ヶ浦のど真ん中でガス欠に!?
●漂流→救助されるまで
●漂流→救助→反省について
●エンジンがバラバラに(始まり)!?
●エンジンがバラバラに(終わり)!?
●伊豆堂ヶ島の天窓洞を探検だ!
●いいかげんなショップを見分けるコツ
●転覆したら・・・?
●浸水させない対策方法
●寒い時期も快適に乗る方法
●寒い時期究極に快適に乗る方法
●の急旋回は楽しい?それとも危険?
●修理のコツついて(マジメな話)
●これからを夢見つつ・・・。
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system